網の入っていない防火ガラス(耐熱強化ガラス)で、住まいの窓をクリアに。

ガラス修理交換
24時間365日お電話受付中

網なし防火ガラス

網入り板ガラスは、火災で割れた際にガラスを脱落させないためにワイヤー(網)の入った防火ガラスです。
防火ガラスといえばこちらを指していたのですが、最近は網のない防火ガラス(耐熱強化ガラス)も注目されています。

火災が大きくなる原因と窓の関係

火災が起こってしまったとき、一番恐ろしいことは火災が広がることです。
火災が発生した際、窓が開いたままだと酸素が外から入るため余計に炎の勢いが増してしまいます。火災時に「窓を閉める」理由は延焼を防ぐためです。
炎の勢いを抑え、燃え広がらない間に住民の避難や消火活動を行い、被害を最小限に抑える必要があるのです。
都市部の防火地域・準防火地域などの指定されている建築物は、火災被害を最小限に抑えるために防火設備を設けなければならない法律があります。
一般的な板ガラスの窓は炎の熱で割れてしまい、脱落がしやすく、そこからさらに燃え広がる危険があります。きちんと窓が閉まっていてもそれでは効果がありません。

網入り防火ガラス

磨ヒシワイヤ 磨クロスワイヤ 磨プロテックス
霞ヒシワイヤ 霞クロスワイヤ 霞プロテックス

最近はレトロなオシャレガラスとしても、再び注目されている網入り防火ガラス。
この網入り板ガラスは、ガラス自体は一般的な板ガラスと変わりませんが、中の網(ワイヤー)が割れたガラスの脱落を防ぎます。そこから炎が出入りすることを防ぐため、防火シャッターと同じ役割を果たせるのです。

しかし、他のガラスと比べ「熱割れ」や「さび割れ」が起こりやすく、何もしていないのに自然と割れていることがあります。
また、中のワイヤーは細く防犯ガラスにはなりません。

網なし防火・耐火ガラス マイボーカ

旭硝子株式会社の「マイボーカ」は網のない透明なワイヤレス防火ガラス(耐熱強化ガラス)。
強化ガラスのように衝撃に強く、割れると小さな粒状になって人体を傷つけにくい安全なガラスです。
網が入っていないため、「熱割れ」や「さび割れ」による破損の心配もありません。
ガラス一枚使いの他、ペアガラスや合わせガラスにも対応し、透明タイプ、不透明タイプがあります。

※30分耐火屋根やトップライトへの使用はできません。

ガラス修理交換

ガラス修理交換